人気ブログランキング |

Linux -コンピュータを楽むために-


by historydomo

カテゴリ:カードゲーム( 1 )

懐かしさの余り、散財?

某Gで始まるお店で、アポカリプスなる箱を発見。

懐かしぃなぁと眺めていると、驚愕。"1,080円"。
何と、1/10以下の価格設定。

おいおい、在庫処分だろうけど、これは・・・。
と、若干迷ったものの、対抗色ランドは第10版で再録されているし、
これは買い・・・と、意味不明な思考が。

結局、買ってしまう。

当たっためぼしいレア。

ラッカボルバー * 1
戦場の鍛冶場 * 2
ジヴの浅瀬 * 1
コイロスの洞窟 * 1
ヤヴィマヤの沿岸 * 1
ラノワールの荒原 * 1
破滅的な行為 * 2
ゴブリンの塹壕 * 1
最後の抵抗 * 1
死のわしずかみ * 1
神秘の蛇 * 1
窒息の旋風 * 1
名誉回復 * 1
予言の稲妻 * 1
魂売り * 1
草茂る屋敷 * 1
クロウマト * 1
まやかしの曙光 * 1
ジェラード・キャパシェン * 1
ファイレクシアの闘技場 * 1
荒廃の天使 * 1

対抗色ランドは、何とか全種1枚づつ手に入った。
魂売りとか懐かしい。ボコボコにされたなぁ(笑)

シングル価格で比較すると、仕入れ価格(1,080)に対して、大いに上回っている。
わたしが現役だった頃の価格なら、魂売りだけで仕入れ価格を上回る・・・かな?
by historydomo | 2007-08-09 00:30 | カードゲーム